幸せになるためにやるべき30のこと

Pocket

「間違った」人と時間を過ごさない。

 人生は短かく、あなたから幸せを奪うような人に時間を費やす余裕はありません。誰かがあなたを必要としているのならば、あなたのことをきちんと評価してくれるはずです。他人の評価というのは、あなた自身が努力して勝ち取るべきものではないのです。あなたを過小評価する人に対して、認めてもらうように主張するのは時間の無駄です。あなたが最高の状態の時に一緒にいてくれる人ではなく、最悪の時に一緒にいてくれる人こそが、あなたの真の友人なのです。

困難から逃げない。

 何か問題があれば、それを真正面から向かい合いましょう。もちろん簡単ではありません。世界中どこを探しても、向けられた敵意に対して何の問題もなく対処できる人はいません。人は問題を即座に解決できるようにはできていないのですから。事実、そのような問題に直面すると、誰でも動揺し、悲しみ、傷つき、時には挫折することになります。しかし、そのようにして困難に直面し、学習し、適応し、最終的に解決することこそが、人生の目的なのです。こうしたプロセスを通して人間は進化してきたのです。

自分に嘘をつかない。

 世界中の全人類に嘘をつくことができたとしても、あなた自身に嘘をつくことはできません。人生は与えられたチャンスをものにした時にこそ、どんどんと改善されていくものですが、その中でも最も手っ取り早く、困難なチャンスこそが、自分に正直でいられるかなのです。

自分自身の願望を後回しにしない。

 あなたが誰かを愛したことで自分を失い、自分の価値を信じられなくなってしまうことがあったとしたら、それはとても痛ましいことです。もちろん、他人を助けることはとても大事ですが、同時にあなた自身も救われる必要があります。あなたが追求したい夢や情熱、気になることがあるならば、今こそそれらを実行するべきなのです。

自分ではない誰かになろうとしない。

 人生において最も難しいことの一つは自分自身のままでいること。周囲はあなたが「みんなと同じ」人になることを求めるからです。でも本当はみんな同じではありません。誰かの方が誰かより可愛く、誰かは誰かより格好良いし、誰かは誰かよりも若いし、あなたはあなた以外の誰とも違っています。周りの人から好かれようとして、変わるのは間違っています。あなたはあなた自身でいることで、あなたに本当に相応しい人があなたを愛してくれるようになるのです。

過去にしがみつかない。

 過去にしがみついている間は、何も新しいことは起きません。それは同じ章を何度も何度も読んでいるようなもので、いつまで経っても次の章に進めません。

失敗を恐れない。

 何かに挑戦して、間違えてしまうことは恐ろしいことかもしれませんが、何もしないよりも10倍生産的です。全ての成功には、それまでに重ねた失敗がつきものです。失敗したことよりも、何もしなかったことの方を最終的には後悔するのです。

失敗した自分を責めない。

 間違った人を愛したり、どうでもいいことにこだわりすぎたりといった失敗をすることは誰にでもあります。でも、そんな失敗から私たちは何が正しい事で、自分にとって正しい人とは誰なのかを知るようになるのです。失敗して困難に直面し、後悔する事だってあるでしょう。それは後に経験となり、現在のあなたは、未来を変える力を持ったあなたなのです。過去に起きたことは、今後起こるであろうことに対する準備をあなたにさせるためのものに過ぎません。

幸せを買おうとしない。

 私たちが欲しがるものの多くは高価なものです。でも、本当に私たちを幸福にするものはお金がいりません。愛、笑顔、そして情熱を持って働くこと、これらは全て無料です。

幸せを求めて他人に依存しない。

 自分自身に満足していなければ、誰と一緒でも長期的に幸せになることはできません。幸せになる為に誰かを求める前に、まずは自分自身が精神的に安定する必要があります。

立ち止まらない。

 考えすぎてはいけません。考えすぎると、そもそもなかったはずの問題を自分で作り上げてしまうことになります。状況を判断して、行動を起こすべきです。あなたが問題に直面することを拒んでいる限り、状況を変えることはできません。もちろん前進することには常にリスクが伴います。でも、考え過ぎてはダメ。一塁ベースに足を置いたままでは、いつまで経っても二塁ベースに進めないのです。

まだ無理だ、と思わない。

 チャンスが訪れた時に、100%の準備ができている人なんていません。でも千載一遇のチャンスが来れば、人は快適な状態から抜け出して、難しい挑戦をせざるを得ないのです。つまり、チャンスを掴もうとする時は、誰だって最初は快適ではないということです。

間違った付き合いはしない。

 男女関係は慎重に選ぶべきものです。間違った相手といるくらいなら、一人でいたほうがましです。急ぐ必要はありません。運命の人とは、相応しいタイミングで相応しい理由で会うことになるのです。寂しいからではなく、あなたが相応しいと思う時にこそ、恋をしましょう。

以前の恋愛が悪かったからといって新しい恋愛を拒まない。

 人生では、あなたと会う人全てに、会うべき目的があります。あなたを試す人間もいれば、利用する人間もいるし、あなたに教訓を残してくれる人もいます。でも一番大事な人はあなたの最高の部分を引き出してくれる人です。

他人と競わない。

 あなたより優れた人がいても気にしてはいけません。毎日気にするべきは自分自身と向き合い、自己の記録を更新していくことです。真の戦いはあなたとあなた自身による戦いでしかないのです。

他人に嫉妬しない。

 嫉妬とは他人の幸運度を測る「芸術」です。自分自身の幸福を測る代わりにそんなことをするよりも、「私の持っている能力で他の人が羨む事は何だろう」と自分に問いかけてみるべきです。

他人に文句を言って、自分を哀れまない。

 あなたの人生に起こりうるアクシデントには、全て理由があります。それはあなたの人生の道筋を変えるために起きた事なのです。アクシデントが起きると、とても辛く苦しい事でしょう。でも、過去に同じようなことがあった時はどうでしたか?あなたはそれによって人生の道筋を見い出し、前よりも良い人間になり、精神状態や、周りの環境が良くなりませんでしたか?そうであるならば、笑顔でいましょう!あなたは昨日よりずっと強くなっているし、これからももっと強い人間になれるのです。

恨まない。

 憎しみを心に抱いて生きるのはやめましょう。あなたが憎む人間以上に、あなた自身を傷つけることになるからです。恨みなどは放っておいて、平和を見い出し、自分自身を解放しましょう!そして、許しは他人の為だけでなく、あなたの為でもあるのです。自分の事を許したいのであれば前を向いて今後もっといい事をしようと思えばいいのです。

相手に合わせすぎて自分のレベルを下げない。

 相手と無理に合わせようとして、わざわざ自分のレベルを下げる必要はありません。相手があなたに合わせようとしてこないのであれば、あなたが自分のレベルを下げすぎないようにするべきです。

他人に理解してもらおうと説明するのは無駄なこと。

 友人は言葉で言わなくてもわかってくれます。そして敵はあなたの言う事をどうせ信じないでしょう。つまりいずれにしても、あなたの心が信ずるままに行動するだけでいいのです。

何度も何度も同じ事をする時は休憩をはさむ。

 深呼吸する暇がない時こそ、深呼吸をする時なのです。今している事をそのまま漫然と続けていても、今まで通りのものしか得られないでしょう。本当に必要なものが何なのかを理解するために、時々、距離を置いて、自分を見つめる必要があります。

「素晴らしい瞬間」を軽視しない。

 今まで見過ごしていたほんの些細なことを楽しむようにしましょう。その些細なことが、実は大きなことだったと後になって発見することがあるからです。あなたにとって大切な人と笑顔で過ごしたほんの些細な時間こそが、最高の人生を構成する大切な部分になることでしょう。

完璧主義をやめる。

 この世界で報われるのは完璧主義者ではなく、必要な物事を成し遂げる人なのです。

楽そうな道に行かない。

 何かを成し遂げようとする人にとって、人生は簡単ではありません。楽な道を選ばずに、何か特別な事をしましょう。

平気じゃないのに、平気なふりをしない。

 少しの間、気弱になってもいいのです。いつも強いふりをする必要はありません。全て順調です!と常に言い張る必要などないのです。他の人があなたについてどう考えているか、心配しないでください。必要ならば泣けばいいのです。涙を流すことは健康にも良いですし、泣くことで心がリセットされ、また笑えるようになるでしょう。

自分のトラブルで他人を責めない。

 自分の人生にどれだけ自分で責任を取れるかで、あなたが夢を実現できるかどうかが決まります。自分の苦しみを他人のせいにした時、あなたは自分の責任を放棄しただけではなく、自分の人生を決める「力」を他人に譲ってしまったことになります。

世の中の全ての問題を自分で何とかしようと思わない。

 あなたが一人で世の中に存在する全ての問題に対処することはできません。実行することは不可能だし、挑戦してもあなたが燃え尽きてしまうだけでしょう。しかし、誰か一人の人間を笑顔にすることで、世の中を変えていく事は可能です。全ての世界を変える事はできないかもしれませんが、変えられるのは紛れもなくその世界の一部なのです。だから何をするべきか焦点を絞りましょう。

心配しすぎない。

 心配しても、明日の重荷が軽減されるわけではありません。今日の喜びを奪ってしまうだけです。それでも心配する価値があるかどうか、確認する方法があります。「その問題は1年、3年、5年の長期に及ぶ事ですか?」と自分に問いかけてみる事です。もし答えがNO!だったら、心配することではないのです。

ネガティブなことばかり考えない。

 起きてほしくないことではなく、自分に起きて欲しい事を考えるようにしましょう。前向きな考えを持つことこそ、多くの成功者の重要な要素なのです。毎朝、「今日は何か素晴らしいことが起きる」と思っていれば、本来見過ごしていたような細かい事に注意を払うようになり、結果的に本当に良いことが起こることもよくあることです。

感謝を忘れない。

 幸運に恵まれていようが、なかろうが、自分の人生に感謝して毎朝を迎えましょう。今でも誰かがどこかで絶望的な戦いを挑んでいるのです。自分にない事を考えるのではなく、他の人にない、自分にあるもののことについて考えましょう。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました